【CH】必死さが伝わってくるvol.2

「China brokerages pledge to buy at least $19.3 billion in shares to stabilize market」

(Reutersより)

 

こりゃー、総裁の周バズーカーというか、主席の習バズーカーの炸裂ですか。

21の証券会社が協力して買い向かうとありますが、そもそも証券会社はお国の企業ですから国の政策と一緒でしょ。

 

「19.3billion ドル」ってどんだけやねん?と思って計算すると、193億ドル。

1ドル120円とすると、2.316兆円ですね。

なんだ、本家の黒田バズーカーに比べれば小規模やん!!

と言っても、真水で2.3兆円も市場に投入されるとなると、少なからず影響は出そう。

 

更に本文中には上海指数が4,500ポイント以下の場合、証券会社は資産を売らないとしてあります。

こんな目標株価を言って大丈夫なんでしょうか?

4,500ポイントを超えたらまた激下げに突入しちゃうんやない?と心配になります。

また2.3兆円で足りるんか?と思うと、まだ続きそう。

 

また、素直に好意的に捉えられればそりゃー株価は上がるでしょうが、そうは問屋が下ろさないのが香港。

 

中国本土の投資家が安い!!と思って買い支えてくれるかもしれませんが、そもそも香港市場の大半が投資機関。

となると、そういった賢い方々はこのニュースを素直に好意的に取るか、それとも、オイオイ、中国だいじょーぶかよ?!、と取るか。

 

自分は前者の可能性が高いと思ってます。

なので、月曜日の市場は上げて欲しい。

そうは思ってもなかなかうまく行かないのが株なので、とにかく月曜日は注目ですね。

あと、まだ明日日曜日が残っているので、他に政策が出るかもしれないですね。

 

とにかくこの件だけでなく、今回の中国政府の対応については必死さが伝わってきます。

また、それが空回りしてる感じがします。

 

月曜日は注目!!と言いながらもう既に、その日は終日ヤボ用で拘束される予定なので株なんて見れねーじゃん!!、って事だけは確実です。

 

短期銘柄が気になるところなんですがね。。。。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。