「秋津野ガルテン」

ヒョンなキッカケで知りました。

 

奈良には行った事あるんですが、和歌山はないなぁ〜。

東京から最もアクセスに時間がかかる、日本で一番遠い場所、という認識しかなかった(和歌山県民の方、違ってたらごめんなさい)

「秋津野ガルテン」については、ぜひこちらからご覧下さい。

 

行ってみたいなぁ〜。

 

まず成り立ちが面白い。

有志で集まった30人くらいで、資金を出し合って設営した地場モノの直売所が成り立ち。

そこから、アレヨアレヨと売り上げを伸ばし、松茸貯金があったお陰で廃校になった小学校を買い取り今のガルテンに。

ただこの施設等々で売上が年間2億円以上というから驚き。

 

また、コレらを町ぐるみで推し進めた。

熊野古道や、南紀白浜も近く観光名所からアクセスが楽というのもいいね。

ちなみに人口は町で3,000人ちょっと。

今は田辺市に統合され8万人弱(ただし面積は東京23区より広い)。

 

あと、このガルテンは町のお母さん達はじめ、自分たちで運営されている点。

ケーキなんかフルーツたっぷりでメッチャ美味しそうなんですが、そら全てが手作り。

お母さん達が入れ替わるので、毎回ケーキの味が変わるらしい。

 

こんな事例を見ると、自分も地元で何かができるんやないかと。

幸いにも有志もいそうですし、ただ選別は必要そうだけどねww。

 

まずはスモールスタートですかね。

 

忘れてたやりたい事を思い出させてくれました。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。